つたえたい、大切なこと くらしの友

Menu
供養

お盆のしきたり

イメージ

日本人にとって欠かせない行事である「お盆」。
今回はそのしきたりをおさらいします。
本来の由来を今一度見直して、心を込めてご先祖さまをお迎えしましょう。

弟子の母親を救ったお釈迦さまの助言

お盆の正式名称は「盂蘭盆会(うらぼんえ)」といい、サンスクリット語の「ウランバナ」が由来です。 お釈迦さまに弟子の目蓮が「母親が餓鬼道(がきどう)で苦しんでいるのを助けたい」と訴えた際、「夏の修行の最終日の月日、すべての衆僧に食べ物を施しなさい」と言われ、その通りにしたところ、母親が救われたという言い伝えがあります。 日本でも西暦600年代に盂蘭盆会の記述が残っています。現在は、中部地方や関東地方の一部では新暦の7月13日から15日、西日本などその他の地域は旧暦にのっとり、 8月13日から15日に行われるのが一般的です。

ご先祖さまの霊には たくさんの目印が必要

準備はお盆前日の12日までに行います。 仏壇のお掃除とともに「盆棚(精霊棚・しょうりょうだな)」をしつらえ、位牌を中心に、御膳、馬や牛をかたどった精霊馬、盆提灯、ホオズキなどを飾ります。 基本的な飾りと由緒については、以下をご覧ください。

お盆は13日に家の門口で焚く「迎え火」に始まります。 「迎え火」はご先祖さまの霊が迷わずお戻りになるための目印。焙烙(ほうろく)と呼ばれる素焼きの皿の上でおがら(麻の茎)や松の枝、わらなどを燃やし、煙をおこします。同様に、新盆の白い提灯(白紋天)や盆提灯も目印です。

お盆の過ごし方と 訪問する際のマナー

14日・15日には各家庭を僧侶が回り「棚経(たなぎょう)」を上げますが、位牌を持ってお寺に行き、「合同お盆供養」や「施餓鬼会」で読経してもらうこともあります。 またお盆の間は、盆棚の御膳に1日3回、精進料理をお供えし、本来は家族も精進料理で過ごしていました。 お盆に親戚や知人のお宅を訪れることもあるでしょう。 訪問宅に香典を持参する場合、表書きは「御仏前」、ろうそくなどのお供えとともにお渡しする場合は「御供」とします。 そして15日の日暮れの「送り火」で霊をお送りします。

各地に残るユニークな お盆の時期の風習

お盆の風習は地域によって異なります。全国的に見られるものに、死者の魂を弔って灯籠やお盆のお供え物を川や海に流す「灯籠流し」があります。 福島では新盆を迎える家庭を回り、鐘や太鼓で賑やかに供養する「じゃんがら念仏踊り」などの風習も伝わっています。 また、関西圏の一部では、いち早くお迎えしたいために早朝からお墓を訪れるそう。人によっては日付が変わった深夜に行くため、朝までお墓がにぎわっていることもあるようです。 各地の風習は違えど、お迎えする気持ちは同じ。心を込めてお迎えしましょう。

くらしの友直営の『くらとも仏壇』各店では、お盆関連商品を専門店ならではの品揃えでご用意しております。精霊棚や焙烙、盆提灯はもちろん、ご供物に最適な線香・ローソクセットなども多数ご用意しているほか、新盆の迎え方等についてもアドバイスいたしますので、お気軽にご相談ください。
くらとも仏壇サイトhttps://www.kurashinotomo.jp/butsudan/

  • PRバナー

冠婚葬祭サービスのご紹介冠婚葬祭サービスのご紹介

  • 葬儀葬儀

  • 互助会互助会

  • 婚礼婚礼

  • 仏壇仏壇