ここから本文です

よくあるご質問

お客様から寄せられる、よくあるご質問をご紹介いたします。

お仏壇

お仏壇の基礎知識を見る

Qお仏壇を購入する時期は決まっているのですか?開く
A

一般的には法要や祥月命日、お盆、お彼岸、家の新築時などに購入することが多いのですが、特に決まりはありません。なんとなくでも「手を合わせたい」と思った時がその時期です。
ただ、お身内に不幸があった場合は納骨後、白木の位牌は寺院へ返し、それに代わる本位牌を安置することになりますので、忌明け(三十五日または四十九日)までに購入しておく必要があります。

Qお仏壇の上手な購入方法を教えてください。開く
A

お仏壇は次のポイントをチェックして選ぶようにしましょう。

  • 宗派に合ったもの
  • 置き場所
  • 大きさ
  • 他の家具との調和
  • 品質の確認 など

新しく購入したお仏壇は、忌明け法要の時に開眼供養(入仏式)を行いますので、僧侶に依頼しておきましょう。

Qお仏壇を置く場所に決まりはあるのでしょうか?開く
A

仏教では東西南北すべてに仏様がいると言われているため、置く方角に吉凶はないとされています。 お仏壇の品質を長く保つためには、風通しがよく湿気が少ないこと、直射日光が当たらないこと、冷暖房が直接当たらないことなどを考慮し、安置する場所を決めるとよいでしょう。

Qお仏壇のお手入れ方法を教えてください開く
A

普段は毛バタキで軽くホコリを払い、やわらかい布で乾拭きをします。細工が繊細な部分は小筆の先などで、ホコリを払い、軽い汚れはぬるま湯にひたしたやわらない布を固く絞り、汚れを拭きとります。金箔は強くこすると剥げ落ちることがありますので、注意しましょう。

お位牌・仏具

お位牌・仏具などの基礎知識を見る

Q遠方に住むそれぞれの兄弟で位牌をもつことはできますか?開く
A

白木の仮位牌は忌明け法要のときに、お寺か墓地に納め、塗りか唐木の本位牌に替えます。このとき、故人の子供が別々に暮らしているなどの場合は、それぞれの家庭でお参りができるよう、人数分のお位牌をつくることもできます。

法事・法要

法要の基礎知識を見る

Q四十九日には何か特別な意味があるのですか?開く
A

仏教では、死後49日間(35日間という宗派もあります)は中陰(この世とあの世の中間の世界)を漂っているとされています。この期間を忌中とし、7日ごとに7回法要が営まれるため、すなわち7日×7回=49日となるわけです。この間、遺族は結婚式などのお祝い事への出席を避けます。
亡くなった日を含めて7日目に行なわれるのが「初七日法要」ですが、現在では、ご葬儀当日に遺骨が戻ってきたところで行なうことが多くなっています。
また、命日から49日目にあたる忌中の最後の日を満中陰といい、この日で忌明けとなります。僧侶をはじめ親族や故人と親しかった人を招いて盛大に法要を営み、その後に納骨を行なうのが一般的です。

Q四十九日の法要にはどんな装いがよいのでしょう?開く
A

四十九日法要は葬儀に準じるとされ、正喪服を着用します。女性の場合の正喪服(正装)は、和服ならば5つ紋付きの黒無地に黒の帯、洋装ならば黒無地のワンピースやツーピース(ブラックフォーマル)です。一周忌、三回忌と回を重ねるにしたがって、喪の表現は少なくしていくのが一般的です。和装、洋装のどちらを着用するかについてはとくに決まりはありませんが、参会者より軽い服装はしないことが大切です。

Q年忌法要は何回忌まで行なうものですか?開く
A

故人が亡くなった次の年の命日に一周忌を行ない、その翌年に三回忌(一周忌以降は死去した年も入れて数えます)、その後、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌、百回忌と続きますが、だいたい三十三回忌(年忌明け)までで終えることが多いようです。

Q法要に招かれたときに持っていくものは?開く
A

菓子や果物、花、線香などの供物を持参するのが慣例となっていましたが、すでに用意されている場合が多いので、最近では現金を包むことが多いようです。その場合、表書きは仏式なら「御供物料」「御仏前」「御香料」などとします。

お墓・納骨堂

お墓の基礎知識を見る

Qお墓の購入を検討中です。どんな種類があるのでしょうか?開く
A

墓地には大きく分けて「寺院墓地」「公営墓地(霊園)」「民営墓地(霊園)」の3種があります。お寺が管理運営する寺院墓地は、都市部では空きが少ない状況です。
地方自治体が管理運営する公営墓地は人気があり、空きに対して抽選倍率は高めで、お骨が自治体内にあるかなど制限を設けることもあります。また、年間管理料は民間墓地より安い場合が多いですが、区画が広い分、墓石の費用がかかることもあります。核家族化が進む最近は、樹木や花を墓標とし、その下にお骨を撒く樹木葬や、承継者がいなくても購入できる永代供養墓などが話題です。

Qお墓に掛かる費用について教えてください。 開く
A

一般的に「墓地を買う」というため、土地の所有権を買ったと勘違いされる方もいますが、実際に手に入れるのは永代使用権(代が続く限り借りられる権利)です。
お墓にかかる費用は、永代使用料と墓石代、外柵代、工事費などです。さらに年間管理料が毎年発生し、料金は場所や施設、区画の広さによって異なります。永代供養墓などの合祀墓(共同墓ともいう)の場合は、最初に永代使用料を払うだけで、その後の管理料は不要なところも多いです。そのため、お子様に負担をかけたくない方や承継者がいない方などに選ばれています。

Qお墓の上手な選び方は? 開く
A

霊園を探す場合、まず現地に足を運ぶ方が多いのですが、実は霊園には複数の石材店が指定されていて、店によって扱う区画が決まっているのが通常です。後悔しない選択のためにも、まずは信頼できる業者を見つけて相談し、複数の霊園を比較検討するのがよいでしょう。
また、選ぶ際にアクセスを第一に検討する方が多いですが、実質的な距離よりもご自分が休日に出掛ける方面にあるほうが足を運びやすくなるものです。承継者へも忘れずにご相談ください。雰囲気や環境が好みに合うか、バリアフリーが整っているか、施設が充実しているかも重要です。

※くらしの友でも多数の霊園をご紹介いたしております。お気軽にくらとも仏壇各店へご相談ください

Q遠方にあるお墓をお参りしやすいところへ引越しをしたいのですが、どうしたらよいでしょうか?開く
A

「お墓を引越しさせることを「改葬」と言います。「改葬」には時間と労力が掛かりますが、進学や就職で故郷を離れた場所に定住し、故郷にあるお墓の維持管理やお参りがしづらくなった方からの要望が増えています。しかしながら、現地でお墓を管理していた菩提寺のご住職やご親族の理解を得られず、改葬をキャンセルするケースも少なくありません。改葬を考えたら、まず現在の菩提寺にご相談し、その上でご親戚関係にお話しするのがよいでしょう。
また、改葬の手順につきましては、こちらをご確認ください。