ここから本文です

訃報の連絡に際する注意点など、葬儀のマナーをご紹介いたします。

訃報の連絡 葬儀マナー

死亡の通知は電話で行うのが一般的です。
あいさつなどは省き、亡くなったことだけを簡潔に伝えるようにします。

1. 電話で訃報を伝える

電話で伝えるポイント

  • 亡くなった人の名前
  • 亡くなった日時
  • 連絡先(自分または責任者の電話番号)
  • 葬儀の日時が決まっていない場合→「決まりしだい連絡します」と伝えます。
  • 葬儀の日時が決まっている場合→通夜・告別式の日時と場所を伝えます。
  • 家族葬の場合
    →遺族・親族のみで行うので、ご近所・会社関係などの参列はお断りすることを伝えます。
  • 密葬の後、本葬する場合
    →「身内だけで密葬を執り行います。本葬は追って連絡します」と伝えます。
  • 香典や供物を辞退する場合はあらかじめその旨を伝えます。
  1. 1.親族に知らせる場合
    〈例〉
    「○○○○の妻、○○でございます。主人の○○が今朝5時40分に○○病院で亡くなりましたので、これから家に連れ帰ります。今後のことは追って連絡いたします」
  2. 2.故人の勤務先への連絡
    〈例〉
    「私は営業部第2課の○○○○の家内でございます。主人が本日6時30分頃、○○病院で亡くなりました。葬儀の日程が決まりましたらご連絡いたします」

2. 詳細を訃報通知で知らせる

訃報通知の例

親族や町内会、故人の勤め先などへ知らせる場合、亡くなったことと葬儀の日時・場所を記した訃報通知を利用することが多くなってきています。

※本サイトに記載の内容は、東京近郊で一般的に行われている葬儀をベースに書かれています。
地域や宗派によって異なることがございます。