ここから本文です

葬儀後のあいさつ回りの方法など、葬儀のマナーをご紹介いたします。

葬儀後のあいさつ回りとお礼 葬儀マナー

葬儀が終わったらできるだけ早い時期に、葬儀でお世話になった方々に、
なるべく喪主自身がお礼のあいさつにうかがうようにします。
また、弔電や供物をいただいた方にはお礼状を出すとよいでしょう。

お手伝いいただいた方へのお礼

隣近所や町内会の代表、故人の勤務先などには1週間以内にあいさつにうかがいます。
相手や状況によっては、菓子折りなどを持参するとよいでしょう。

お礼のあいさつ〈例〉

このたびの葬儀に際しましては、いろいろとお世話になりました。
おかげさまで無事葬儀を済ませることができました。本当にありがとうございました。

弔電への礼状

弔電をいただいた方には、お礼状を出すとよいでしょう。

弔電をいただいた方への礼状〈例〉

このたびの葬儀に際しましては、早速ご丁重なるご弔電を賜りまして、誠にありがとうございました。
おかげさまをもちまして葬儀も無事済ませることができました。ここに生前のご厚誼に深く感謝し、
心より御礼申し上げます。

供花・供物への礼状

香典をいただいた方には当日「会葬礼状」をお渡ししていますので、あいさつ回りは必要ありません。
ただ、遠方から供花・供物を贈っていただいた方には、お礼状を出すとよいでしょう。

供花・供物の礼状〈例〉

故○○○○の葬儀に際しましては、ご丁重なる御厚志を賜り、厚く御礼申し上げます。本来でしたら参上してごあいさつを述べなければならないところですが、略儀ながら書中をもって心より御礼を申し上げます。

供花・供物のお礼は付き合いの度合いによって決めるのがよいでしょう。電話で済ませる場合やお礼の品物を持参する場合、また品物を贈ることでお礼に代えることもあります。

※本サイトに記載の内容は、東京近郊で一般的に行われている葬儀をベースに書かれています。
地域や宗派によって異なることがございます。