ここから本文です

葬儀後から忌明けまでにやるべきことなど、葬儀のマナーをご紹介いたします。

葬儀が終ってから忌明けまで 葬儀マナー

葬儀が終わると、あいさつや支払いなど
遺族がやらなければいけないことがたくさんあります。
大切な手続きを忘れないように、
またお世話になった方にも失礼のないように進めていきましょう。

遺族が行う手続きや事柄

  • お手伝いいただいた方などへのあいさつ回りやお礼状の発送
  • 寺社や葬儀社などへの支払いなど
  • 亡くなった方の勤務先の諸手続きや荷物の整理
  • 埋葬料または葬祭費の受取り手続き(社会保険・国民健康保険)
  • 個人や勤務先で加入している生命保険金の受取り手続き
  • 国民年金(遺族基礎年金・寡婦年金)の受取り手続き
  • 遺品整理と親族による形見分け
  • 忌明け法要(四十九日[七七日])の打ち合わせと準備
  • 本位牌の手配と仏壇の購入
  • 墓地・墓石の準備と購入
  • 忌明け法要
  • 納骨式
  • 遺産相続の協議と遺産分割協議書の作成
  • 亡くなった方の所有していた不動産・株券・預貯金等の名義変更
  • 相続税の申告手続きと納付
  • 確定申告(亡くなった方が会社で源泉徴収されている場合は不要)
  • 医療費控除による税金の還付手続き
  • 新盆(亡くなってから初めて迎えるお盆)

※本サイトに記載の内容は、東京近郊で一般的に行われている葬儀をベースに書かれています。
地域や宗派によって異なることがございます。