ここから本文です

出棺における葬儀のマナーをご紹介いたします。

出棺の時 葬儀マナー

告別式後、式場内では遺族や親族が故人と最期のお別れをします。
お別れが終わったら柩のふたを閉じて、故人を火葬場へお連れします。

故人と最期のお別れ

告別式が終わると遺族や親族は故人と最期のお別れをします。友人など一緒に加わってもらうとよいでしょう。最期のお別れでは、祭壇に飾られていた生花を、故人の周りに飾るように全員で柩に入れていきます。これを「お別れ花」といいます。この時、お花と一緒に故人の愛用品なども柩に入れます。

棺に入れていいもの

出棺

柩は、遺族、親族、親しかった友人などの手で霊柩車までお連れします。
司式者(僧侶)が先頭に立ち、喪主が位牌を、喪主に次ぐ人が遺影を持ち、柩を先導します。霊柩車に柩を乗せたら、遺族の代表が出棺の見送りをしてくれた参列者に対し、あいさつをする場合があります。

あいさつの文例はこちら

火葬場への同行

火葬場には遺族や親族のほか、故人と特に親しかった方が同行する場合もあります。同行者は何人か、誰がどの車に乗るのかを事前に確認しておきましょう。
火葬場へ向かう時は、ハイヤー・バス・自家用車などを利用しましょう。

※本サイトに記載の内容は、東京近郊で一般的に行われている葬儀をベースに書かれています。
地域や宗派によって異なることがございます。