ここから本文です

神式・キリスト教式における葬儀・告別式の流れなど、葬儀のマナーをご紹介いたします。

葬儀・告別式の流れ(神式・キリスト教式) 葬儀マナー

神式では葬場祭(そうじょうさい)と呼び、キリスト教式ではカトリックとプロテスタントでも呼び名や内容が異なります。
ここでは、それぞれの流れや内容についてご紹介しましょう。

神式

葬場祭(そうじょうさい)

修祓の儀、祭詞奏上
斎主が会場や参列者を祓い清める修祓の儀を行った後、祭詞を奏上します。
これは故人の経歴、人柄、功績などを述べ、故人の冥福と遺族への加護を祈るもので、葬場祭の中心となる儀式。この間に、故人の霊を慰める誄歌が奏でられます。
告別式・十日祭
玉串奉奠が終わると、斎主が退場して閉式とします。なお、参列者による玉串奉奠を告別式として行い、葬場祭と区別する場合があります。また葬場祭・告別式に引き続き、仏式の初七日にあたる十日祭を行う場合もあります。

※式次第は地域によって多少の違いがあります。

キリスト教式

カトリックの葬儀(葬儀ミサ)と告別式

教会に柩が到着すると、入口で迎えた神父が柩に聖水を注ぎ、祈りを捧げます。柩は祭壇の前に安置されます。神父が入場し、祭壇と柩に向けて献香してから、葬儀ミサが開始となります。

あいさつの文例はこちら

※式次第は教会によって異なる場合があります。

プロテスタントの葬儀と告別式

教会では、参列者が柩と遺影を持った遺族を迎える形で入場します。教会によってはあらかじめ柩を安置しておく場合もあります。

※本サイトに記載の内容は、東京近郊で一般的に行われている葬儀をベースに書かれています。
地域や宗派によって異なることがございます。