ここから本文です

神式・キリスト教式における通夜の進行方法など、葬儀のマナーをご紹介いたします。

通夜の流れ(神式・キリスト教式) 葬儀マナー

宗教によって通夜の形も大きく異なります。
神式では「通夜祭」・「遷霊祭(せんれいさい)」を同日に続けて行います。
キリスト教式はカトリックとプロテスタントで違いがあります。

神 式

通夜祭・遷霊祭(せんれいさい)

※神官によって飾り方が異なります。

通夜祭では、神官による降神(こうじん)・修祓(しゅばつ)、献饌(けんせん)や祭詞(さいし)、誄歌(るいか)奏上などが行われます。引き続き遷霊祭を行います。「御霊遷(みたまうつし)」ともいい、故人の魂を遺体から霊璽(れいじ)(※仏式での位牌にあたるもの)に遷す儀式です。式場の明かりをすべて消し、神官は遷霊の詞を唱えながら、霊璽を柩の上にかざします。これで故人の魂が霊璽に遷ったことになります。その後、神官にはじまり、喪主や親族、参列者によって玉串が捧げられます(玉串奉奠(たまぐしほうてん))。これは仏式における焼香にあたるものです。席次の決め方や玉串奉奠を行う順番などについては、仏式の場合と同じです。

直会(なおらい)[通夜ぶるまい]

通夜祭と遷霊祭が終わると、仏式と同じように酒食のもてなしが行われます。食事は生ものでもかまいません。自宅で行う場合は、仕出し料理などをとることが多いようです。

キリスト教式

カトリックの通夜

神父と遺族の手によって納棺が行われた後、ご遺体を安置した祭壇に遺影、十字架、ロウソク、聖水、生花などを飾ります。参列者一同が着席し、全員による聖歌斉唱、神父による聖書の朗読・説教が行われ、全員でお祈りをします。最後に参列者全員による献花が行われ終わります。

プロテスタントの前夜式

プロテスタントでは通夜にあたるものが、前夜式です。これは納棺式と兼ねたり、納棺式に続けて行われたりします。柩を安置した部屋に遺族、親族、友人などが集まり、まず賛美歌を斉唱します。その後、牧師による聖書の朗読・説教、全員による祈り、最後に再び賛美歌を斉唱し、献花を行います。

※本サイトに記載の内容は、東京近郊で一般的に行われている葬儀をベースに書かれています。
地域や宗派によって異なることがございます。