ここから本文です

出棺や火葬におけるマナーなど、葬儀のマナーをご説明いたします。

出棺から火葬まで 葬儀マナー

葬儀・告別式が終わると出棺です。焼香が終わればそのまま退出しても構いませんが、最期のお別れとして出棺まで立ち会いたいものです。
霊柩車が動き出したら、合掌してお見送りします。

出棺の際のマナー

焼香から出棺までは、喪主のあいさつやお花でのお別れで過ごす時間です。霊柩車に柩が乗せられる際には静かに見守り、霊柩車が動き出したら合掌します。最後に喪主のあいさつがある場合があります。

火葬場に同行する場合

火葬場には、一般的には遺族や親族が行くものですが、参列者でも最後まで見送りたい方は、車の手配などがあるので、事前に遺族に申し出ておきます。また、遺族から同行を依頼された場合は、快く応じましょう。

火葬場での心得

火葬場に到着後、柩が火葬炉に納められます。遺族を優先して参列者はなるべく後ろの方で控えていましょう。
火葬が終わるまで控室で待ちます。その際に軽食やお酒などが出されることがありますが、酔ったり大声で話したりするのは禁物です。
骨上げは、遺族に続いて行います。

骨上げの仕方はこちら

※本サイトに記載の内容は、東京近郊で一般的に行われている葬儀をベースに書かれています。
地域や宗派によって異なることがございます。