ここから本文です

神式・キリスト教式での礼拝方法など、葬儀のマナーをご説明いたします。

神式・キリスト教式の礼拝 葬儀マナー

神式での通夜・葬儀では、仏式の焼香にあたるものとして「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」が行われます。
玉串とは榊さかきの枝に四手(しで)という紙片を下げたもので、神の霊が宿るとされてきました。
また、キリスト教式では「献花」が行われます。玉串や花を捧げることで、故人の冥福を祈ります。

【神式】玉串奉奠

玉串を受け取る

斎主に一礼し、玉串を受け取ります。右手で根元を包み込むように持ち、左手は枝先を下から添えるように持ちます。

祭壇に進み出る

祭壇の前まで進み、故人に向けて一礼します。受け取った玉串を根元が手前に来るようします。

玉串を奉奠する

左手で根元を持ち、右手は枝先に移動して根元が祭壇に向かうように180度回転させて、玉串案(玉串を乗せる台)に置きます。

二礼二拍手一礼

奉奠後、一歩下がり、二礼二拍手一礼をします。この時の拍手は忍しのび手てといって音を立てません。最後に再び一礼をして下がり、神官や遺族に一礼します。

【キリスト教式】献花

花を受け取る

祭壇の前に進み、遺族に一礼して花を受け取ります。このとき、花が右手に来るように、両手で受け取りましょう。右の手のひらが上を向くようにし、左の手のひらは下を向けます。

花を持って一礼

両手で花を持ったまま献花台の前に進み、故人に向けて一礼します。

花を持ち直す

祭壇に根元が向くように花を右回り(時計回り)に回して花を持ちかえます。

献花台に置いて黙とうする

左手の甲を下に向け、右手を茎の下から添えるようにして献花台に起きます。
手を合わせて黙とうし、深く一礼します。そのまま2〜3歩下がり、遺族に一礼します。

カトリックとプロテスタントの違い

通夜のことを、カトリックでは「通夜の祈り」、プロテスタントでは「前夜式」と言います。また、礼拝で歌う歌をカトリックでは「聖歌」と言い、プロテスタントでは「賛美歌」と言います。

※本サイトに記載の内容は、東京近郊で一般的に行われている葬儀をベースに書かれています。
地域や宗派によって異なることがございます。