ここから本文です

弔辞を書く際のポイントや包み方など、葬儀のマナーをご説明いたします。

弔辞の捧げ方 葬儀マナー

弔辞は故人を偲び、故人に捧げる最期の言葉です。遺族から頼まれた場合は、よほどの事情がない限りお受けします。一般的には依頼されて捧げますが、自分から申し出てもよいでしょう。その場合は、前日までに遺族の了解をとる必要があります。

弔辞を書く際のポイント

弔辞の基本的な流れは以下になります。

  1. 1.故人への哀悼の言葉
  2. 2.故人と自分との関係
  3. 3.故人の人柄、功績、思い出など
  4. 4.故人から得たものや教えられたこと
  5. 5.残された者としての決意
  6. 6.遺族への慰めと励ましの言葉

注意点

  • 「重ね重ね」「たびたび」といった忌み言葉を避ける
  • 神式やキリスト教式の葬儀では、「成仏」「冥福」といった仏教用語は使わない
  • 遺族から希望があった話は盛り込むようにする
  • たとえ思い出話でも、故人や遺族の名誉を傷つけたり、失礼な言い回しをしない
  • 故人が子どもや若い人の場合は、配慮する

弔辞は読み終えたら遺族に渡すので、下書きをして毛筆で丁寧に清書します。
用紙は巻き紙がよいのですが、市販の弔辞用の用紙でも構いません。
3分程度で読み終えるような長さ(400字詰め原稿用紙2〜3枚分)を心がけます。

弔辞の包み方

中央に弔辞を置き、左前になるように折る。
上包みには「弔辞」と表書きを。

弔辞の読み方

司会者から指名されたら立ち上がって祭壇に進み、まず遺族に、続いて故人に一礼してから読みはじめます。弔辞の上包みは、弔辞台があればその上に置き、なければ巻紙の下に重ねて持ちます。
弔辞を目の高さに掲げ持ち、心を込めて読んでいきます。読み終えたら、元のように包んで祭壇に捧げ、故人と遺族にそれぞれ一礼してから戻ります。最近では友人や血縁者が、故人に対し「お別れの言葉」として読み上げることが多くなっております。

※本サイトに記載の内容は、東京近郊で一般的に行われている葬儀をベースに書かれています。
地域や宗派によって異なることがございます。