遺族の服装のマナー

弔問客を迎える立場として、
知っておきたい服装のマナーをご紹介します。

喪主や遺族など弔問客を迎える立場の人は、原則として喪服を着用します。しかし、通夜は正式の喪服でなくても問題ありません。

男性の正式な喪服

洋装の場合

  • 黒のネクタイ
  • 黒の靴下
  • 黒のシンプルな靴

※社葬の時はモーニングを着用することもあります。
※ポケットチーフ、タイピンはしない。カフスは黒石のものを。

女性の正式な喪服

洋装の場合

  • 黒無地のシンプルなワンピースまたは、スーツなど(長そで)
  • 黒の靴下 金具のついていない黒バック
  • 黒または肌色のストッキング
  • 光沢のない黒いシンプルな靴

※えりの開いたものは避ける。スカートは膝が隠れるぐらいの長さ。
※結婚指輪以外のアクセサリーは外しますが、つける場合は真珠の一連ネックレスにしましょう。

和装の場合

  • 黒羽二重(5つ紋)
  • 帯締 黒の名古屋帯 帯揚げ
  • 白足袋
  • 黒い草履

※中に白の長襦袢
※夏は黒の絽の紋付きを着用する。
※帯留めや髪飾りはつけない。

子供の正式な喪服

学生の場合の場合

学生には学校の制服を喪服として着せ、子供には黒や紺などなるべく地味な洋服を着せます。

  • 学校の制服または、色とデザインが地味なもの(黒、グレー、紺など)
  • 白のシャツ
  • ズボンやスカートも地味な色のもの
※本サイトに記載の内容は、東京近郊で一般的に行われている葬儀をベースに書かれています。地域や宗派によって異なることがございます。

ほかの通夜の基礎知識を見る