通夜ぶるまいでのあいさつ

遺族が通夜ぶるまいであいさつを求められた場合の
文例やポイントをご紹介します。

通夜であらたまってあいさつすることは一般的にはありませんが、通夜ぶるまいでは場合によってあいさつをすることもあります。

通夜ぶるまいの最後

通夜ぶるまいの予定時間が過ぎたら、喪主が散会のあいさつをひと言述べるとよいでしょう。通夜への弔問のお礼を忘れずにします。
その際に葬儀・告別式の開始の時間を伝えますが、無理強いはしない方がよいでしょう。

あいさつ〈例〉

「本日は突然のことにもかかわらず、母○○の通夜にご参列いただきまして、ありがとうございました。皆さまのおかげをもちまして、とどこおりなく通夜を終えることができました。まだゆっくりしていただきたいところですが、明日のご予定もあるかと存じますので、この辺で散会とさせていただきます。
気をつけてお帰りくださいませ。
なお、明日の葬儀・告別式は午後1時より行う予定です。お時間が許すようでしたら、ご会葬いただければ幸いです。本日は遅くまでありがとうございました」

※本サイトに記載の内容は、東京近郊で一般的に行われている葬儀をベースに書かれています。地域や宗派によって異なることがございます。

ほかのあいさつと手紙の文例の基礎知識を見る