焼香の手順

焼香の方法や宗派別の焼香回数など
一般的なマナーをご紹介します。

僧侶の読経が始まると、遺族や親族に続いて参列者が焼香を行います。
順番が来たら祭壇に進み出て、故人に対して一礼、そして遺族に対して一礼してから焼香を行うのがマナーです。

焼香の方法

参列者は自身の宗派の作法で、気持ちを込めて行いましょう。

立ち焼香の場合

①数珠は左手に持ち、右手の3本の
指を使って香をつまみます。

②つまんだ香を押しいただきます。
(宗派により異なります)

③香炉の中に静かに落とします。
これを1~3回繰り返します
(宗派により異なります)

④再び合掌し、故人に向けて
一礼後、僧侶と遺族に
一礼します。

回し焼香の場合

①隣の人から香炉が回ってきたら
軽く会釈し受け取ります。故人に
向かって一礼後、焼香します。

②合掌してから一礼し、
香炉を隣の人に回します。

宗派による焼香回数の違い

宗派 焼香の回数
天台宗 1~3回
真言宗 3回
浄土宗 1~3回
浄土真宗本願寺派 押しいただかずに1回
真宗大谷派 押しいただかずに2回
臨済宗 1回
曹洞宗 1回目は押しいただき、2回目はそのまま落とす
日蓮宗 とくに決まりはないが3回が多い
※同宗派でも回数が異なる場合があります。

数珠の持ち方

<短い数珠の場合>

<長い数珠の場合>

房を真下に垂らし、指を伸ばして両手を合わせます。

※こちらが基本的な持ち方です。ただし、宗派により数珠の持ち方が異なります。

※本サイトに記載の内容は、東京近郊で一般的に行われている葬儀をベースに書かれています。地域や宗派によって異なることがございます。

ほかの参列者の基礎知識を見る