ここから本文です

お墓の基礎知識

墓地・墓石のほか、納骨、分骨について、知っておきたい基礎的な情報をご紹介します。

墓地と墓石の準備

墓地には寺院が所有する墓地、公営や民営の霊園墓地などがあります。
またお墓の形は宗派によって伝統的な様式や約束事があるので、菩提寺や石材店に相談してみましょう。

墓地の準備

次の点を確認することが大切です。

  • 宗派
  • 墓地・霊園の環境
  • 交通の便
  • 費用
  • 施設の状態

墓地は買うのではなく、永代使用料を支払って借り受けるものです。そのため、固定資産税はかかりません。永代使用権は子孫には継承できますが、第三者への転売はできません。なお、別途、管理費用がかかる場合もあります。

墓石の種類

墓石にはいろいろな種類や大きさ、形があるので、よく考えて選びましょう。また墓地によって使用規則が決まっており、墓石の形式に制限がある場合もあるので、事前に確認することをおすすめします。

角石塔型 角柱型 位牌型 板牌型 駒型 幅広型 洋型 五輪塔

墓石の工事

石材の加工、文字の彫刻、境界石の設置、納骨堂作り、墓石の据え付けといった工程があります。2カ月近くかかることがあるので、余裕を持って準備するようにしましょう。

入魂式

墓石に仏の魂を入れる儀式で、「開眼式」、「魂入れ」、「性根入れ」とも呼ばれます。僧侶の読経で入魂が行われると、供養のための仏塔になると考えられています。入魂式は親族や親しい方を招いて同席してもらい、線香と供物を供えます。最近は納骨と同時に入魂することもあります。

納骨について

納骨は忌明け法要(四十九日)の直後に行うのが一般的です。
墓地がない場合は、寺院や霊園の納骨堂などに一時的に預けるか、永代供養するといった方法があります。

埋葬許可証

埋葬するには「埋葬許可証」が必要です。火葬許可証に火葬場で火葬したという証明印が押されたものが埋葬許可証となります。納骨時に墓地の場合は管理者に、お寺の場合は住職に預けます。

納骨式

納骨式の手順は下記の通りです。あらかじめ菩提寺や石材店に依頼しておくとよいでしょう。

事前準備

  • 1.お墓を掃除しておく
  • 2.線香・ろうそく・花・手桶・たわしなどを用意する

納骨式の進め方

  • 1.お墓の石ぶたを取り、カロート(納骨室)に遺骨を安置する
  • 2.石ぶたを閉じる
  • 3.墓石の後ろに卒塔婆(そとば)を立てる(宗派によって異なる)
  • 4.僧侶による読経
  • 5.全員で焼香する
  • ※神式では、榊(さかき)や花を供え神職のお祓いのあと玉串奉奠を行う
  • ※キリスト教式では、神父(牧師)の祈祷のあと、聖歌(賛美歌)斉唱、献花を行う

分骨について

分骨用の骨壺と錦袋

郷里の墓地にも遺骨の一部を埋葬したいなど、遺骨を2カ所以上に分けて納骨することを分骨といいます。宗派によっては本山の納骨堂に納める習慣もあります。分骨する場合は火葬場の管理者より、分骨する数だけの「分骨証明書( 火葬証明書)」を発行してもらい、分骨する墓地の管理者に提出します。

分骨を葬儀社に依頼すると、分骨用の小さな骨壺と錦袋を用意してくれます。なお、右の写真のように分骨用の骨壺は、通常の骨壺に比べ大きさが異なります。