ここから本文です

神式の法要

神式で法要にあたるものを、「霊祭」と呼びます。
霊祭は神社では行わず墓前や自宅、斎場などに神官を招いて行います。

神式の霊祭

翌日祭

葬儀が無事に終わったことを報告する儀式で、葬儀の翌日にあらためて献饌(けんせん)、祭詞(さいし)、玉串奉奠(たまぐしほうてん)などを行うものですが、最近では省略することが多くなっています。

毎十日祭

命日から数えて10日ごとに行う霊祭です。10日目の「十日祭」は神官を招いて祭詞をあげてもらいますが、それ以降は遺族だけで行います。十日祭は告別式当日に行う場合もあります。

五十日祭

命日から50日目に行う霊祭です。仏式の忌明けにあたるもので、神官のほか、親族、友人・知人を招いて行います。また、参列者に食事をふるまいます。この日に納骨するのが一般的です。

清祓いの儀と合祀祭

五十日祭の翌日に「清祓いの儀」を行い、忌明けの祓いと清めをします。それまで神棚を封じていた半紙をはずします。なお、次の百日祭までに、仮霊舎に祀ってあった故人の霊璽(れいじ)を先祖の霊と一緒に祀る「合祀祭」を行いますが、最近では五十日祭の時に「清祓いの儀」と「合祀祭」を一緒に行うことが多いようです。

百日祭

命日から100日目に行う霊祭です。神官や親族、友人・知人を招いて行います。

式年祭

仏式でいう年忌法要にあたります。満1年目の「一年祭」、2年目の「二年祭」と式年祭を行い、満50年目の「五十年祭」で弔い上げになります。特に一年祭は、親族、友人・知人を招いて行います。

  • ※命日の前後の休日などに合わせて日取りを調整することがあります。
  • ※地域により多少異なる場合があります。