ここから本文です

法要当日の流れ

僧侶の読経に続いて参列者の焼香があり、その後にお墓参りをするのが一般的です。
法要の後は、精進落としの料理をふるまいますが、これを「お斎(とき)」または「お清め」などと呼びます。

法要の流れ

寺院での場合

喪主はお位牌や供花・供物などを持参し、僧侶の指示に従って会場の設営を行います。参列者が集まったら、一同着席後、読経、焼香と続きます。焼香は喪主から始まり、親族(血縁関係の濃い順)、友人・知人の順で行います。

自宅での場合

僧侶を迎えに行き、到着されたらお茶を出してもてなします。
お仏壇にロウソクを灯し、ご仏前に供花と供物を供えます。
参列者が集まったら一同着席して、読経、焼香と続きます。焼香の順番は、寺院での法要と同じです。

斎場での場合

法要の流れは寺院での場合と同様です。ただし、会場の設営を行う必要はなく、最近では「設備が整っている」、「食事の手配もできる」などの理由から法要も斎場で行う方が多くなっています。

会食がある場合とない場合の一般的な流れについて、ご紹介します。

会食がない場合
  • 1)施主・親族は参列者をお迎えする
  • 2)僧侶(神官など)に挨拶をする(御布施など渡す)
  • 3)施主・参列者着座する
  • 4)開始の挨拶、僧侶入場
  • 5)僧侶の読経
  • 6)お焼香
  • 7)僧侶の読経・法話が終了
  • 8)僧侶退場
  • 9)閉式の挨拶
会食がある場合
  • 1)施主・親族は参列者をお迎えする
  • 2)僧侶(神官など)に挨拶(御布施など渡す)
  • 3)施主・参列者着座する
  • 4)開始の挨拶、僧侶入場
  • 5)僧侶読経
  • 6)お焼香
  • 7)読経法話・終了し、僧侶退場
  • 8)会食前に施主挨拶
  • 9)献杯
  • 10)後会食
  • 11)引物を参列者に渡す
  • 12)施主挨拶し、閉式

法要のあいさつ

法要が終わると、精進落としと呼ばれる席を設けます。席順は①僧侶 ②親族 ③友人・知人となり、喪主と家族は末席となります。引き出物がある場合は、あらかじめ席に配っておくとよいでしょう。お布施は別室または会食の席で、僧侶に渡します。食事が始まる前に、喪主があいさつをします。

あいさつ<例>

「本日は菩提寺の○○寺さまにより、○○○の法要を立派に済ませることができました。故人もさぞかし喜んでいることと思います。皆様にはご多用中にもかかわらず、ご列席賜り、心から御礼を申し上げます。ささやかではございますが、お食事のご用意をさせていただきました。どうぞ、ごゆっくりとお過ごしいただき、故人の思い出話などをお聞かせいただければ幸いです」

法要(四十九日)の席でのあいさつ

法要参列のお礼を述べ、葬儀から法要までの心配りへの感謝の気持ちを伝えます。遺族の寂しさやそれを乗り越えようとしている近況などを話してもよいでしょう。故人を偲びながら食事を召し上がっていただきたいと伝えて始めます。

あいさつ<例>

「本日はお忙しい中を、父の四十九日法要にご列席いただきまして、ありがとうございました。父が亡くなってから今日まで、皆様方からさまざまな面でのご協力や慰めをいただき、ずいぶんと励まされました。心より感謝申し上げます。
おかげをもちまして、少しずつではありますが、父のいない生活にも慣れ、家族にも笑いが戻ってきました。粗餐(そさん)ではございますが、どうかお召し上がりながら、父の思い出話などを語り合っていただければと思います。本日はありがとうございました」