ここから本文です

法要当日までの準備

法要は親族や知人などを招くため、会場や案内状など、いろいろと準備が必要です。
忌明け法要(四十九日法要)の場合は、当日までに本位牌や納骨の準備などをしておきます。
また、忌明けを目処に形見分けなども行います。

1.寺院・僧侶との打ち合わせ

僧侶の人数と送迎方法、お布施の額を僧侶に相談して決めます。
送迎がない場合は、「お車代」を用意します。お布施は水引きのないものに「御布施」と表書きをします。

2.日時の決定

僧侶や親族と相談し、決定します。忌明け法要の場合、四十九日が平日ならば直前の土曜日や日曜日など、集まりやすいように日程を考慮することが多いようです。

3.招待者の決定

招待者を決めます。一周忌までは親族だけでなく、故人の友人・知人を招待することもあります。

4.会場の決定

自宅や菩提寺で行いますが、最近では設備の整った斎場を利用するケースも多くなっています。

5.法要の案内

電話か案内状で招待者に連絡します。案内状の場合は、返信用はがきを同封して出欠の確認をとりましょう。先方の都合を考慮して、法要の3週間前までには連絡しましょう。
誰の何回忌かを忘れずに書くとともに、日時と場所を明記します。

6.供花・供物の準備

供花や供物は必要に応じて手配しましょう。

7.料理の手配

招待する人数に応じて、お清め料理の手配をします。料理屋で接待する場合は、法要の膳と伝えて予約をしましょう。

8.引き出物(粗供養)の手配

必要に応じて、引き出物の準備をします。黒白または双銀の結びきりの水引きのものを選び、のし紙に「粗供養」「志」「満中陰志」などと表書きします。なお地域によって異なる場合があります。