ここから本文です

参会者のマナー

故人様の冥福を祈る法要へのご招待は、一緒に供養をお願いしたい、というご遺族の思いが込められています。ご招待を受けた場合に必要な基本的なマナーについてご紹介します。

招待状が届いたら

余程の理由がない限り出席を

法要・法事の招きを受けた場合は、余程の理由が無い限り出席しましょう。特に、亡くなって間もない法要・法事に招かれた場合は出来る限り出席し、故人を供養すると共に、ご遺族を温かく励ますことを心掛けましょう。

出欠の返事は早めに

四十九日、一周忌などの法事(法要)の案内状が届いたら、施主側では引出物や会食の準備、また会場の準備などもあるので早めに返事を出します。出欠を明言できないときは、電話で先ずその旨を知らせましょう。

出欠返事の書き方

「御出席」「御住所」「御芳名」などは「御」「芳」を棒線で消します。また、宛名が「○○行」とあれば「行」を棒線で消し、「様」と書き替えます。団体であれば「御中」とします。

出席するとき

出席する際に持参するもの

供物を贈るか供物料として現金を包むのが習わしです。最近では、現金を贈る事が多くなっています。供物や供物料は、基本的には仏前に供えるものです。ご遺族へ渡すときは、「ご仏前へお供えください」と一言添えるようにしましょう。

供物を贈る際の表書き

仏式:「御供」「御供物料」「御仏前」神式:「御神前」キリスト教:「御花料」

<左:物品の場合 中&右:現金の場合>

供物を贈るときの注意(仏式)

供物は祭壇に飾るので、贈る場合は早めに届くように贈ります。供物を贈る場合は、菓子類・果物・生花のほかに上質の線香やろうそくでも構いません。金額は供物料と同じ程度のものを用意します。

供物料の目安

一般的には香典の半分以下と言われ、金額の目安は、\10,000が一般的です。しかし、法要後に「お斎(おとき)」と呼ばれる宴席や会食が用意されている場合は、それに見合うような額を包みます。茶菓子だけで簡素なもてなしのときもありますので、喪家から「特別な心配はしないように」と言われた場合は香典の2~3割程度でいいでしょう。

服装

ご葬儀に続いて行われる初七日の法要では喪服を着用するのが普通ですが、それ以降の法要では地味なものであれば平服でも構いません。ただし、男性の場合ワイシャツは白、女性はアクセサリーは控えめにします。何を着ていいか分からないときは、三回忌までは略式喪服が無難です。

法要の場において

まずご遺族に挨拶をします。「本日はお招きいただき恐縮です。一緒にご供養させていただきます」といった言葉を述べ、「ありがとうございます」は避けるのが一般的です。
自宅で行う場合は、法要が始まる前に仏前に焼香し、合掌します。供物、供物料はその時に仏壇に供えます。お寺などで行う場合は、挨拶の時に直接手渡すようにしましょう。