ここから本文です

キリスト教式の法要

キリスト教式では故人を偲ぶ追悼ミサや記念祭を行います。
カトリックでは、亡くなった日から3日目、7日目、30日目に教会で行います。
プロテスタントの場合は7日目か10日目、または1カ月後に自宅か教会、墓前で行います。

カトリックの追悼ミサ

※教会によって異なります。

死を悲しむのではなく、神に召されたという考え方から、故人を追悼する集まりを催します。親族や友人を招き、聖書の朗読、聖歌を斉唱したりします。ミサの後は教会の一室を借りるか自宅に招いて、茶菓やサンドイッチなどで参列者をもてなします。最近では亡くなった3日目、7日目の追悼ミサは省略する傾向にあります。30日目の追悼ミサは行い、その後は1年ごとに開きます。ただし3年後、10年後などの区切りの年に行うことも多いようです。

プロテスタントの召天記念祭

※教会によって異なります。

プロテスタントでは亡くなってから1カ月後の命日を「召天記念祭」とし、親族や友人を招いて記念祭を行います。一般的には、牧師を招いて自宅で行うことが多いようです。追悼ミサと同様に聖書の朗読や賛美歌の斉唱などを行い、茶菓などで参列者をもてなします。それ以後は、1年ごとの命日に行うのが普通です。なお、最近では記念祭の前後に、弔問をしてくださった方にお礼の品物を贈ることがあります。

キリスト教式のお礼

カトリックの場合は、教会あてに「ミサ謝礼」を用意します。これは教会への献金の意味を持つものなので、金額に特に決まりはありません。
プロテスタントの場合も同様に、表書きは「記念献金」とします。神父個人や牧師個人に対して謝礼をしたい場合は、別に「御礼」または「お車代」と表書きしたものを包むのが普通です。