ここから本文です

法要の基礎知識

法事・法要は、故人の冥福を祈り、供養するための大切な儀式です。
法事・法要の流れなどの基本的な情報をご紹介いたします。

法要における参会者のマナーはこちら(葬儀サイトへ)新しいウィンドウを開きます

法事・法要とは

法要と法事は、今では同じ意味で使われていますが、簡単に言うと法要は、死者に対しての供養(追善供養)を営むことで、法事は仏教行事全般(お盆・彼岸供養など)のことを指します。

仏教では人が亡くなると四十九日間、死者の魂が成仏せずにさまよっているといわれています。そこで、遺族は故人が無事に極楽に行けるよう、読経をし、飲食や行動を慎んで身の汚れをとる斎戒などの善事を行います。いわゆる死者のために行う追善供養が法要です。

法要の種類

大きく分けますと仏式・神式・キリスト教などがあり、仏式(仏教)は宗派(真言宗・日蓮宗・曹洞宗・浄土宗・浄土真宗・天台宗・臨済宗など)や新興宗教(創価学会・霊友会・立正佼成会など)により多少違いがありますが、故人を供養するということでは同じです。
また、神式・キリスト教も仏式をやり方は異なりますが、故人を供養するという意味合いは変わりません。

法要を行う時期

仏教では、人が亡くなってからの49日間を「中陰(ちゅういん)」、49日目を「満中陰(まんちゅういん)」と呼びます。中陰の間は、死者の魂が成仏せずにさまよっていると考えられており、故人のために追善供養を行います。

法要のスケジュール

初七日

亡くなった日から数えて7日目に行う法要です。現在では、葬儀の当日に済ませてしまうケースが増えています。葬儀当日に行わなかった場合は、親族を集めて法要を行い会食します。なお、地域によって異なる場合もあります。

四十九日(七七日法要・忌明け法要)

死者はあの世で7日ごとに7回、生前の罪状を裁く審判があるとされています。そのため、本来は四十九日まで7日ごとに法要を行いますが、近年は省略されることもあります。あの世でのすべての審判が終わった故人の魂は、ようやく成仏します。そこで「忌明け」の法要を行い、遺族は今までの日常生活に戻ります。最近では葬儀当日に初七日を済ませることが多いため、四十九日は最初の大きな法要といえるでしょう。

年忌法要

定められた年の命日に行う追善供養のことです。亡くなって1年目を「一周忌」、2年目を「三回忌」、その後、七回忌(6年目)、十三回忌(12年目)、十七回忌(16年目)と、3と7の年度に行います。三十三回忌を「年忌明け」といって弔い上げになるのが一般的です。

新盆の祀り方

忌明け後に初めて迎えるお盆のことで、盆提灯や精霊棚(しょうりょうだな)に故人の好きだったものを供えて供養します。
精霊棚は7月13日または8月13日に作り、飾り付けをし迎え火をします。親族や友人・知人を招き、僧侶の読経後、食事でもてなします。15日か16日に送り火をたいて、お盆の行事が終わります。(地域によって内容や時期が異なります)

※写真は新盆の時に使われる白紋天(しろもんてん)

年忌法要

死者の追善供養のために、祥月命日に行なう仏事を年忌法要といい、一・三・七・十三・十七・二十三・二十七・三十三回忌というように、三と七のついた年に行なわれています。
一周忌を満で、回忌は死亡した年を数えて計算します。一般には三十三回忌で終わりとされますが、なかには五十回忌まで勤めるところもあります。
また、祖母と祖父などの祖先の年忌が重なって訪れた場合には、命日の早い方に合わせて、同時に法要を行ないます。これを「併修」または「合斎」といい、その場合には案内状や引物にもその旨を明記します。

年忌表
仏式/法要 神式/霊祭 年月日 内容
四十九日 五十日祭 この日をもって「忌明け」とされます。 親戚や友人などを招き、寺・自宅などで、僧侶による読経の後、会食をします。
百か日 百日祭  
一周忌 一年祭 死後満1年
三回忌 三年祭 「仏式」は亡くなった年をいれずに数えますが、「神式」は亡くなった年をいれて数えます。
各年の命日が正式な法要日です。
*仏式:三回忌
=満2年
*神式:三年祭
=満3年
七回忌 五年祭 親戚や身内だけで行う傾向があります。
十三回忌 十年祭
十七回忌 十五年祭
二十三回忌 二十年祭
三十三回忌 二十五年祭 一般的にはここで終わる事が多いです。
三十七回忌 先祖全体の供養という意味合いが強くなります。
五十回忌 五十年祭
百回忌
回忌年度算出表はこちら
仏式の回忌法要の年月が簡単に自動計算できます。

法要の服装

一般的には、お身内の方は喪服、あるいは、黒の礼服が無難です。参列者の方々も黒の礼服が一般的ですが、洋服を着用するのであれば、男性はスーツ、女性は落ち着いたデザインのワンピースがよいでしょう。また、女性はあまり露出の多いものは避けてください。

法要当日までに準備すること

親戚や知人などを招いて法要を営むには、会場や案内状の手配など、いろいろと準備が必要です。また、忌明け法要(四十九日の法要)の場合は、この日までに本位牌を用意したり、納骨の準備などをしておきます。また形見分けなども行います。

法要の準備を詳しく見る

法要当日の流れ

法要当日は、僧侶をお招きし、読経をしていただいた後に、参列者が焼香をいたします。焼香が終わると参会者でお墓参りをするのが一般的です。
法要の後は、精進落としの料理をふるまう、会食の席を設けます。

法要当日の流れを詳しく見る

参会者のマナー

法要の招きを受けた場合は、余程の理由がない限り出席しましょう。
お招きくださるということは、一緒にご供養をお願いしたい、というご遺族の思いが込められています。特に亡くなって間もない場合はできるかぎり出席し、故人をご供養するとともに、ご遺族を温かく励ますことを心がけましょう。

参会者のマナーを詳しく見る