ここから本文です

お位牌・仏具などの基礎知識

お位牌や本尊、仏具などについて、知っておくと便利な情報をご紹介します。

お位牌

お位牌とは?

故人の霊を祀るため、戒名や法名を記した牌(ふだ)を位牌といいます。
一般に葬儀では白木の仮位牌(野位牌)を用い、葬儀後しばらくは祭壇に安置するのがしきたりです。これは、亡くなった人が四十九日までは行き先が決まらず、さまよっており、忌明けが過ぎてはじめて成仏すると考えられているためです。成仏するときに、その証として本位牌に替えます。

お位牌の種類

回出し位牌
過去帳

一人だけの戒名が記された一般的なお位牌のほかに、先祖代々のお位牌をまとめて収納できる「回出し位牌(繰り出し位牌)」があります。これは、お位牌の数が多くなったときに使用します。
また、亡くなった方の名前、戒名、死亡年月日、死亡年齢などが記録された「過去帳」があります。
これは、ご先祖のお位牌が多くなり、回出し位牌を用いても納めきれないといった場合などに使用されます。三十三回忌や五十回忌などのときに過去帳にまとめるのがよいとされています。
ちなみに、浄土真宗ではお位牌の代わりに過去帳を用います。

宗派別戒名の特色

日蓮宗・法華宗

日号(にちごう)
祖師日蓮が、明るきこと太陽の如く、清きこと分阿利華(ふんだりけ)の如きを求めて、自ら日蓮と号したことに始まります。
南無妙法蓮華経(なむみょうほうれんげきょう)「妙法」の二文字のみお位牌上部に記します。

臨済宗・曹洞宗

新帰元(しんきげん)
物故、帰元、帰真など、「新たに亡くなった」という意味です。
本位牌においては記入いたしません。

真言宗

梵字(ぼんじ)
大日如来を表し、等しく大日如来の弟子であることを表しています。

天台宗

道号(どうごう)
中国では名のほかに「字(あざな)」というものを持ち、その人を尊んで呼ぶときに用いたこの字(あざな)を道号といいます。

浄土宗・時宗

誉号(よごう)
浄土宗白旗派独自の法号として誉号を用い、自ら良誉(りょうよ)と号したのが始まりです。
浄土宗の主流となった白旗派の誉号が、定恵の弟子聖商によって相承され、了誉(りょうよ)と号し、以後、僧侶だけでなく檀信徒にも与えられるようになりました。
阿号(あごう)
阿弥陀仏号の略称で、浄土宗の伝承によれば、東大寺の重源が自ら南無阿弥陀仏と号したことに始まります。

真宗・浄土真宗

釋号(しゃくごう)
東普の道安が、仏弟子となればみな釈尊の姓をとなえるべきとして、自ら釋道安(しゃくどうあん)と号したのがはじまりです。

位号(性称・尊称)について

  • 男性(居士・信士)・女性(大姉・信女)以外に大居士・禅定門などがございます。
    ※3歳前後から15歳位までの方には童子・童女、誕生から3歳前後までの方には孩児(孩女)・嬰児など
  • 位号の下に「霊位」または「位」をお入れする場合がございますので、
    事前にお寺様にご確認ください。

本尊

ご本尊とは

本来、お仏壇の中心はご本尊であり、お位牌はご本尊の側か下段に安置させていただくものです。
これは亡くなった方がご本尊の側に生まれ変わることを象徴しています。
また、宗派によってご本尊は異なります。主な宗派のご本尊、総本山は下記の表をご参照ください。

主な宗派とご本尊
宗派 ご本尊 主な総本山
法相宗 釈迦牟尼仏、薬師如来 奈良興福寺、薬師寺
天台宗 釈迦如来 比叡山延暦寺
真言宗 大日如来 高野山金剛峰寺
浄土宗 阿弥陀仏 京都知恩院
浄土真宗 本願寺派 阿弥陀如来 京都西本願寺
浄土真宗 大谷派 阿弥陀如来 京都東本願寺
臨済宗 釈迦如来 京都妙心寺
曹洞宗 釈迦如来 福井永平寺、鶴見総持寺
日蓮宗 大曼陀羅 身延山久遠寺
黄檗宗 釈迦牟尼如来 宇治万福寺

仏具

仏具について

ご本尊やお位牌をお祀したお仏壇には、いくつかの仏具が必要になります。最低限必要な仏具である花立て(花瓶)、燭台(ローソク立て)、香炉(線香立て)を三具足、花立てが1対、燭台が1対、香炉が1つを五具足といい、より丁寧な飾り方になります。
その他にも、茶湯器(水やお茶をお供えする器)、仏飯器(ご飯をお供えする器)、高坏(果物やお菓子をお供えする器)、りん、木魚、線香立て、ローソク消しなど、あると便利な仏具もあります。
宗派により使わない仏具もありますので、詳しくは購入時に相談してみるとよいでしょう。

念珠(数珠)

念珠は珠を使って念仏を唱えた回数を数えることから生まれた仏具です。珠の数は108個が基本で、その半分の54個、4分の1の27個、6分の1の18個といった数の念珠もつくれるようになりました。
念珠を繰ることは、大晦日の除夜の鐘と同じように、人間の108の煩悩を断つことを表しています。

念珠(数珠)の持ち方

念珠を持ち歩くときは、左手首にかけるか手で持ちます。合掌のときは、短い念珠の場合は合わせた両手の親指と人さし指の間にかけ、親指で押さえるようにします。長い念珠を使うときは、両手の中指にかけてすり合わせます。
なお、神式の場合は念珠は使用しません。