葬儀マナー集 参列者 焼香

仏式の場合 焼香作法(座礼焼香・立礼焼香・回し焼香)

一般的な作法としては、座礼で行う方法と立礼で行う方法があります。自宅葬では座礼がほとんどで、立礼は葬儀場や一般会葬者の多い場所などで行なわれます。また式場が狭いときは、香炉を順に送る回し焼香で行われます。

葬儀・告別式の会葬者の服装(男性)

線香による焼香(座礼の場合)

  • 1.座布団の前に座り、僧侶とご遺族に一礼したあと、遺影に向けて一礼します。
  • 2.線香を右手に持って、ろうそくの炎に近づけ、線香に火をつけます。
  • 3.炎が出たら手であおぐか、線香を軽く振って消します。息を吹きかけて消すのは厳禁です。
  • 4.静かに香炉に立て、合掌します。複数の線香に火をつけた場合も1本ずつたてます。

線香による焼香(座礼の場合)

抹香による焼香(立礼の場合)

  • 1.遺影に向けて一礼後、合掌します。数珠を持参した場合は、左手に持ちます。
  • 2.抹香を右手親指と人指し指・中指の3本でつまみ、目の高さに掲げます。
  • 3.香炉の中に静かに落とします。これを1~3回繰り返します。
  • 4.再び合掌し、遺影に向けて一礼後、僧侶とご遺族に一礼して席に戻ります。

抹香による焼香(立礼の場合)

回し焼香の場合

  • 1.隣の人から香炉が回ってきたら、軽く会釈して受け取ります。
  • 2.香炉を自分の前に置き、遺影に向かって一礼し、焼香します。
  • 3.合掌してから一礼します。
  • 4.香炉を次の人に回します。

回し焼香の場合


回数は宗派によって違いがありますが、一般的には初香、従香の2回です。しかし、弔問客の多い席では1回ですませることが多いようです。

宗 派 抹香 線香 備 考
天台宗 決まりはない 3本  
真言宗 3回 3本  
浄土宗 特に決まりはない  
浄土真宗本願寺派 1回 1本 抹香はそのまま落とす、線香は折って寝かす
浄土真宗大谷派 2回 2本 抹香はそのまま落とす、線香は折って寝かす
臨済宗 2回 1本 抹香は二回目はそのまま落とす
曹洞宗 2回 1本 or 3本 抹香は二回目はそのまま落とす
日蓮宗 1回または3回 1本  

※参考

神式の場合 玉串奉奠

1.自分の順番になったら祭壇に進み、神官およびご遺族に一礼します。
2.そして神官の前に進み出て、玉串を両手で受け取ります。
このとき玉串は右が枝元、左に葉が来るように渡されるので、右手は根元を上から包み込むように、左手は枝先を下から添えるように持ち、枝元が胸の高さになるようにやや持ち上げて一礼します。
3.左手で葉の部分を支えながら、右の手のひらを返し、玉串を半回転させます。
4.枝元を祭壇に向けて玉串案の上に置きます。
5.正面を向いたまま2~3歩下がり、遺影を仰いで深く二礼、2回忍手(音を立てないかしわ手)を打って一礼、向きを変えて神官とご遺族に一礼し、席に戻ります。

神式の場合 玉串奉奠

献花

キリスト式による通夜や葬儀では祭壇の前に1人1人が花を捧げるという献花が行われます。このしきたりは、いわば仏式の焼香に代わる行為です。献花によく用いられる花は菊やカーネーションです。

献花台への供えかた 1.自分の順番になったら祭壇に進み、ご遺族に一礼します。
2.係の人から両手で花を受け取ります。このとき、花の部分が右側に来るようにし、右の手のひらは上向きに、左の手のひらは下向きになるように持ちます。
3.両手で持ったまま献花台の前に進み、祭壇に向けて一礼します。そして、根本が祭壇の方に向くように右に回して花を持ち替え、左手を下から花に添えて献花台の上に置きます。
4.手を合わせて黙祷するか、深く一礼します。そのまま2~3歩下がり、ご遺族に一礼してから席に戻ります。

献花台への供えかた

※キリスト式における黙祷の際、カトリックでは十字を切り、プロテスタントでは胸の前で手を組みますが、信者以外は普通に手を合わせて黙祷しても構いません。

ページトップへ