葬儀マナー集 参列者 香典

香典の包み方

香典袋を折る場合には不祝儀袋ですので、左手前に折るのが正式です。裏面は上側が下の折られた紙の上に重なるようにします。香典に用いるお金は、あらかじめ準備してあったことを嫌い、古いお札を入れる慣習が残っているところもありますが、人に差し上げるものですから、なるべくきれいなお札を入れるべきです。 新札は一度折り目を入れて用いればよいでしょう。

香典の正式な包み方1.中包みをやや下寄りに置き、右、左の順に折る。
2.下、上の順に折る。
3.下の折の上に、上の折が重なる。
4.水引きをかける。

表包み

香典の表書き

香典の表書きは宗教によって異なります。一般的に「御霊前」はどんな宗教でも使えるので、相手の宗教がわからない場合は「御霊前」と書くのが無難です。また、「御仏前」は四十九日以降に使うものなので、注意が必要です。ただし、浄土真宗では亡くなった直後から「御仏前」を使っても差しつかえありません。

●内袋には、表に金額、裏に住所・氏名を書く。
●連名の場合は、目上の人が右側にくるように。
●4人以上で贈る場合は、代表者の名前に「他一同」と書き添え、中に全員の姓名を記した紙を入れます。

※香典の表書きは、弔意を表す意味を込めて薄墨を使用します。
  薄墨専用の筆ペンも市販されておりますので、利用すると良いでしょう。

表書きの例

香典の金額

親戚なら1万円程度、上司や同僚、友人、隣人など、血縁関係のない間柄では5,000円程度とする人が多くなっています。ただし、家族ぐるみでの親しいつきあいであったら1万円というように、つきあいの程度、親密度によっても金額は変わってきます。香典は「香奠」とも書き、本来は霊前に供える香のことでした。「奠」は神仏に供えてまつる意味で、弔問客がそれぞれに香を持参し、霊前でたいて供養したといわれます。庶民の間では、米や野菜などを持ち寄っていましたが、時代とともに現金を包むようになったようです。葬儀には費用がかかることから、相互扶助の意味もあります。こういったことからも、香典は本来いくらでなければいけないという決まりはありません。とはいえ少なすぎると悔いがのこるし、逆に多すぎても香典返しの心配などの迷惑をかけることになります。
お札の向きは、諸説・地方によっても違いますが、現在ではあまりこだわることはないでしょう。但し、お札を複数枚入れる時は同じ向きに揃えましょう
使用するお札は、新札を避けるのが一般的なマナーです。これは「思いもしなかったことで準備ができなかった」という気持ちを表すものです。新札であれば折り目を入れて使用しましょう。
●香典の金額
上段:最多回答額(円)
下段:平均金額(円)

贈り先 全体
全体 5,000
14,000
勤務先の上司 5,000
9,000
勤務先の上司のご両親 5,000
7,000
勤務先の上司の配偶者 5,000
7,000
勤務先の同僚・部下 5,000
8,000
勤務先の同僚・部下のご両親 5,000
6,000
勤務先の同僚・部下の配偶者 5,000
7,000
贈り先 全体
祖父母 10,000
25,000
ご両親 100,000
49,000
おじ・おば 10,000
18,000
親しい友人・知人 10,000
10,000
親しい友人・知人のご両親 5,000
7,000
親しい友人・知人の配偶者 5,000
8,000
隣近所 5,000
5,000

(2009年5月 くらしの友 「香典に関する調査」より)

香典の差し出し方

香典は袱紗(ふくさ)に包んで持参します。受付で表側を上にして開き、表書きの名前を相手側に向けて差し出します。通夜などで受付が設けられていない場合には、祭壇に供えます。その際、香典の表書きはこちら向きになるように置きます。香典の差し出し方

弔事のふくさの包み方1.台つきふくさはツメを左にして、中央に香典袋を表向きに置く。
2.右からたたむ。
3.下、上の順でたたむ。
4.左側を折って端を裏側に回し、ツメを止める。

弔事のふくさの包み方

参列できない場合

通夜やご葬儀に出られない場合は、代理人に名刺を持たせて参列させるか、後ほど手紙を添えて香典を郵送します。 その場合、不祝儀袋に包んだうえで現金書留にしてお届けします。
現金書留で香典を送る場合は、直接封筒に入れるのではなく、不祝儀袋や別の封筒(無地)、半紙等に包んだ方が良いでしょう。書留は写し様式になっていますので、名前、住所などをしっかりと書いて差し上げるのが親切です。

ページトップへ