ここから本文です

香典の贈り方

香典とは「香奠」と書き、霊前に香を供えるという意味があります。
現代では香の代わりに現金を包むのが一般的です。包む金額に決まりはありませんが、故人との生前の関係などを考慮して包むようにしましょう。

香典の包み方

正式な包み方は下の図の通りですが、最近は市販されている不祝儀袋を利用するケースもあります。香典の額に見合う不祝儀袋を選ぶようにしましょう。5,000円までなら印刷された水引の袋でもよいでしょう。

香典の正式な包み方

  • 表包み
1.中包みをやや下寄りに置き1、2の順に折る
2.3、4の順に折る
3.下の折の上に、上の折が重なる
4.水引をかける

ふくさの包み方

香典はむき出しで出すことのないよう、必ずふくさに包んでおきます

1.台つきふくさはツメを左にして、中央に香典袋を表向きに置く
2.右側からたたむ
3.下、上の順にたたむ
4.左側を折って端を裏側に回し、ツメを止める

香典の表書きと渡し方

表書きは宗派によって異なります。「御霊前」は、どの宗派でも使えるので無難です。自分の名前は筆ペンか筆で、薄墨で書きます。ボールペンや万年筆は避けましょう。
香典を渡す場合は、受付で表書きを相手の方に向けて、「このたびはご愁傷様です」と言って渡します。その際には、両手を添えて差し出します。

表書きの例

仏式
御霊前
御香典
御香料
神式
御玉串料
御榊料
御神饌料
キリスト教式
御花料
御ミサ料※

(※カトリックの場合のみ)

金額の目安

生前の故人との関係や、社会的地位、年齢などを考慮して決めます。
地方によっても相場は異なります。友人・知人・親族などは10,000円、5,000円が多いようです。

贈り先 金額
友人やその家族 5,000 円~10,000 円
隣近所の方 3,000 円~5,000 円
職場関係 5,000 円~10,000 円
叔父・叔母 10,000 円~20,000 円
祖父母 10,000 円~30,000 円
兄弟・姉妹 10,000 円~50,000 円

2009年 くらしの友「香典に関する調査」の最多回答金額ならびに平均金額を目安の参考にしています。

※本サイトに記載の内容は、東京近郊で一般的に行われている葬儀をベースに書かれています。
地域や宗派によって異なることがございます。