ここから本文です

家族葬におすすめの斎場・設備の他、家族葬の注意点などをご紹介いたします。

くらしの友の家族葬

時代の流れと共に、現在はご家族や親しい友人だけでお見送りする家族葬を希望する方が増えております。
くらしの友では、そんなご希望にお応えするため、さまざまな設備をご用意しています。

家族葬対応 小式場

家族葬式場

蒲田総合斎場の小式場。お風呂や冷蔵庫も完備しています。

着席は15~20名程度。蒲田総合斎場や淵野辺総合斎場には和室が併設されており、よりくつろいだ空間で、故人様をお見送りできます。

対応斎場:
蒲田総合斎場羽田総合斎場藤沢橋総合斎場
町田総合斎場淵野辺総合斎場

多目的ルーム

堀切総合斎場「多目的ルーム」。用途に応じて、レイアウトの変更も可能

家族葬式場のほか法要やお清めなど、用途に合わせた使い方ができるお部屋です。堀切総合斎場や港南台総合斎場は、式場とお清め室など、1部屋を分けて使用することもできます。

対応斎場:
港南台総合斎場相武台総合斎場堀切総合斎場
くらしの友総合斎場(栃木)

メモリアルルーム

鶴見総合斎場「メモリアルルーム」

ご自宅のリビングのような空間で、故人様をお守りいただける特別な安置室です。室内でのご会食も可能で、10名程度までの家族葬を執り行う式場としてもご利用いただけます。

対応斎場:鶴見総合斎場いずみ総合斎場国領総合斎場

上記の斎場以外でも、家族葬にご対応いたします。
家族葬に関するご相談もお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

くらしの友の家族葬プラン(一例)

家族葬を家族・親族10名で行った場合のプラン例をご紹介いたします。

プラン条件

10名での家族葬の場合

棺飾りのイメージ

プラン内容

式場使用料(蒲田総合斎場4階)/棺飾り/寝棺/寝棺用布団/ご遺体供養品/枕飾り/白木位牌/ご遺影/写真花(シルク飾り)/収骨容器/ドライアイス(2日分)/お清めセット/小物用品/式場看板/後飾り祭壇/儀式進行係員/哀悼貢献者/火葬料/火葬場案内係員/霊柩車/寝台車(10kmまで)/通夜料理(9名分)/精進落とし料理(10名分)/飲み物(通夜・精進落とし時の10名分概算)/諸官庁手続き

※費用に含まれないもの
湯灌/寝台車別移送/マイクロバス/火葬時の飲物代/供花/会葬礼状/返礼品/寺院関連費用/その他追加オプションなど

それって本当に家族葬?

言葉としては広く知れ渡っている「家族葬」ですが、定義が曖昧なのも事実です。実際当社でも、「家族葬をしたいのだけど」とおっしゃるご遺族のお話をよく聞いてみると、一般的な葬儀と変わらなかったり、あるいは直葬(火葬のみ)の葬儀を希望されていたりということがあります。
言葉のイメージだけで家族葬を希望するのではなく、まずはどんなお別れをしたいかを考え、それを事前にまとめておくことが大切です。

「家族葬は安い」はホント?

規模が小さい分、大きな式場や多数の運営スタッフは要らないため、費用が抑えられる傾向にあります。
ただ、祭壇や棺、お布施などは葬儀の規模に関らず、必要になってくるものです。また、会葬者の数によって大きく変動する飲食接待費(通夜料理や返礼品など)は、お香典で賄われることが多いため、ご遺族側が実際に持ち出す負担は、一般的な葬儀でも家族葬でも、それほど大きく変わることはありません。

家族葬にするときの注意点

家族葬は、終わった後に「なんで連絡してくれなかったの?」と言われてしまうケースがあります。また、後日になってご自宅へ弔問客が多く訪れ、その対応に追われるということも少なくありません。
家族葬を選ばれた場合は、その理由をしっかりと説明すると同時に、後日の対応もあることを想定しておくとよいでしょう。