ここから本文です

くらしの友のスペシャリスト、葬祭ディレクターの綱川 和臣についてご紹介いたします。

綱川 和臣の葬儀への思い

プロフィール

  • 資格: 葬祭ディレクター1級
  • 趣味: 読書、映画鑑賞
  • 興味があること:
    美術館・博物館巡り
  • 好きな言葉: 努力は裏切らない

ご喪家の視点に立って考え、
希望のご葬儀を実現

お仕事の内容は?
4_kura_2399.jpg

葬儀の日程・内容の見積りや、故人様の搬送、施行運営の責任者が主な業務です。
所属するセンター内では、日々の業務の割振りや、お客様へ当社を案内するための折込み・ポスティング広告を主に担当していますが、業務全体に目を配り、他の業務も可能な限りフォローをするようにしています。

仕事をする上で心掛けていることは
5_kura_2432.jpg

「報・連・相(報告・連絡・相談)」の徹底と、ご喪家の視点で物事を考えることです。
ひとつの葬儀に何人もの職員や業者の方が関ることになるため、葬儀を円滑に進め無事に終えるためにも「報・連・相」の徹底を行っています。
その中でお客様に対して、希望通りの葬儀が実現できるように、ご喪家の視点に立って仕事をするようにしています。

印象深いお客様とのエピソード
6_kura_2676.jpg

40代の旦那様が急逝し、その奥様と旦那様のご両親とご葬儀の打ち合わせを行いました。
葬儀は無事に滞りなく終了し、数日経ってから、奥様がわざわざ斎場まで足を運んでいただき、お礼のお言葉とお手紙をいただいたことがございました。その時のことは大変印象深く覚えております。

お客様へのメッセージ
7_kura_2484.jpg

ご喪家のご要望にお応えし、ご希望に沿った葬儀をご提案できるよう、自身の知識を広げていきたいと思います。
葬儀は身近なものではないかもしれませんが、どなたにも必ず訪れることではあります。
ほんの些細なことと思わずに、ご不安があればいつでもお声かけください。
誠心誠意、お手伝いさせていただきます。